長期にわたる糖質制限ダイエットの後の体脂肪増加を避けたいと考えている中年男性は、極端なダイエットと体脂肪増加の仕組みを記憶しておくことがかなり重要でしょう。脂肪が減るくらいのイライラする食事制限をすると、人間の身体は食事が少ない危ない状況と考えます。自分の体にしっかりと摂取エネルギーが入ってこないときが長くなると人間の体内でホメオスタシスといった機能が働きます。ホメオスタシスというのは極めて微量のエネルギーでさえも体を維持できるように死なないためにカロリー消費を少なくさせる働きがあります。遭難して食べ物がなかった場合にこのような機能が働くわけです。エネルギー摂取の全体量を以前より減らしても、ダイエット効果が期待していたより現れない場合は、恒常性機能が働いていることが考えらます。減量効果の出なかった場合もお菓子を控えていれば二、三週間もたつと体はこの時の状況を日ごろの状況と認識して停滞期を終わらせるんです!!過食は、減量の効果がぜんぜん出にくい期間に減量に諦めてしまうと絶対!発生するので、注意しましょう。http://xn--b9j4dq44hrve4p5b301b.asia/減量を終わりにして、食事を昔にも戻すとホメオスタシスは作動してます。痩せる以前よりも少ないカロリーしか消費しない体になっちゃったのに減量始める前とほぼ一緒の食事を摂ることで余ってしまったエネルギーがお腹周りに貯蔵されるんです。体重がもっと増えてしまい恐怖の急激な体重増加が起こってしまいます。体重増加の起こる原因を把握して、ダイエット停滞期とバランスよくつき合っていくことが、かなり三日間で痩せる為には必ず必要ですよ! ... Continue Reading