レプチンと満腹感が、ダイエットをすることで、リバウンドを促してきます。満腹しづらくなることが、ダイエット中は指摘されています。 脂肪細胞が脂肪を吸収するとレプチンがつくられ、脳にある満腹中枢に信号を送り出します。 ダイエットによって食事の量が減ると、レプチンがつくられにくくなります。そのため、慢性的にお腹がすいた状態になり、間食などしちしまいがちです。リバウンドが起きやすくなるのは、このような理由からです。 ダイエットとは、突き詰めれば、カロリーの消費と供給のつり合いです。消費カロリー量がホメオスタシスの効果で減少している時に食事をすれば、余剰カロリーが出て体重は増えます。食事を減らしていても、レプチンが足りずに満腹感が感じられなければ、結局食べてしまうでしょう。使うカロリーと、取り入れるカロリーのバランスが悪ければ、リバウンドの原因になってしまいます。停滞期になっても1カ月はダイエットを続けることによって、リバウンドを回避することが可能です。 運動を習慣づけることが、停滞期を終了させる効果があるといいます。積極的に体を動かし、筋肉をつけることで、基礎代謝がアップします。ダイエット時のリバウンド対策に、運動を組み入れることがおすすめです。 http://xn--b9j4dwa3065b7fk9lkik3a.biz/・・・絶対痩せる方法を紹介しています。ダイエットを成功させるなら酵素ドリンクダイエットがお勧め ... Continue Reading