「絶対やせる薬」として売られているチラージンをご存じですか?甲状腺ホルモン剤の一種で、多くの人が利用しており、体重が落ちると評判となっています。 しかし、その実態はとても恐ろしいものです。実は、チラージンは甲状腺ホルモンの乱れを引き起こし、意図的にパゼドウ病にしてしまうものだったのです。バゼドウ病になると食欲が落ち、結果として体重は落ちるのですが、体力が異常に低下したり、熱っぽくなったりなどの副作用があります。やせる効果に期待して買うのに、わざわざ治りにくい病気になってしまうというわけです。 最近では、サッカー日本代表の本田選手がバゼドウ病なのではないか、という疑惑がありました。バゼドウ病独特の症状である眼球飛び出しがみられ、のど元に手術痕が認められたためです。本田選手の場合本人の努力によって体力の低下などを克服したようですが、病気でないのにわざわざチラージンの効果や副作用によってバゼドウ病になるのは言語道断です。やせたい、ダイエットしたいなら、やはり正しい運動、食事をこころがけるべきです。 ... Continue Reading