学校に通っていたり、会社に勤務しているために、昼は家で食事ができないけれど、ダイエットのためにカロリー調整をしたい方がいます。 ダイエットのためにお弁当を用意していくことが、カロリーを自分で調節しやすい方法です。 カロリーを抑えた栄養バランスの良いお弁当を作りましょう。 お弁当のたんぱく質は魚や卵で摂り、それ以外の部分には野菜を入れます。 お米やパンなどは、毎日決まった量にします。 油を多用した料理は、あまり入れないようにします。 毎日お弁当を作るのはなかなか大変ですが、晩御飯の残り物などを活用して、無理をしないことが長続きのコツです。 忙しくてお弁当が作れないという人は、せめて野菜ぐらいは自分で用意していくといいでしょう。 市販のお弁当に、手づくりのサラダや葉野菜のおひたしをプラスすることで、体に必要な栄養を補給できるダイエット用のメニューにすることが可能になります。 家からサラダだけ持っていくという方法もあります。 最近は市販のお弁当にもカロリーがきちんと表示されているようです。 ダイエットをしている時は、お昼ご飯に食べるものは500kcalの範囲に留まるように意識していきましょう。 揚げ物が入ってなくて、野菜が多い弁当であれば、大体カロリーは少なめです。 カロリーコントロールが必要なダイエット中は、毎日のランチを少し工夫するだけでも、目標のカロリーに抑えることが可能になるのです。 omx お試しセット ... Continue Reading